肝臓に効果的なシジミ

前へ
次へ

肝臓に効果があるとされるシジミ。最近ではシジミエキス配合のサプリなどの形でも接種されている人も多いのではないでしょうか?しかし、実際にシジミの作用についてご存知の方は少ないはず。そこで、この記事ではシジミの作用について解説していきます。

肝臓の活躍とシジミ

シジミといえば、まずは肝機能を改善する効果があることで知られています。二日酔いといえば、シジミ由来の栄養ドリンクを飲む人も多いのではないでしょうか?
実はシジミには肝臓内の有害なアンモニアを無害な尿素へと分解する仕組みを手助けする効果があります。有害なアンモニアを代謝する経路のことをオルニチンサイクルとよび、シジミはオルニチン豊富に含んでいるため、このサイクルを後押しする効果があります。加えて、シジミには肝機能を調整するメチオニンやグリコーゲンなどの物質を含んでおり、肝臓全体の回復に効果があります。
過去に「青森県産業技術センター」が肝機の能要注意者9名を対象とした実験ではシジミエキス接種2週間後で改善効果が見られたと報告しています。

疲労からでる臭い対策にシジミ

先述の通り、シジミには肝機能を改善する効果がありますが、近年の研究では疲労臭にも効果があると考えられています。人間は常に皮膚から微量のアンモニアを放出していますが、激しい運動などによる疲労やストレスによって体内のアンモニア量が増加すると、皮膚からの放出量も増加します。これが疲労臭です。シジミに含まれるオルニチンは肝臓内でアンモニアを分解する仕組みを後押しすることで、皮膚からの放出量を減らし、臭いを抑制する効果があると考えられています。
また、オルニチンにはコルチゾールの上昇を抑制するという効果もあります。コルチゾールはストレスを計測する上での指標となる物質であり、疲労臭はストレスによっても増加することが判明しています。そのため、シジミを日常的に摂取することで疲労臭の予防に繋がると考えられています。

まとめ

シジミは肝臓内に含まれるアンモニアを分解することで肝機能を回復させる効果があります。また、肝機能の回復は疲労やストレスを原因とする臭いを解消する効果もあるため、毎日、忙しく働く中年の方にもおすすめです。他にもシジミには貧血を予防する効果や美肌効果などもあるので、女性の方にもぜひ、取って欲しい食品です。

ページのトップへ戻る